中国の公務員はなぜウイグル族の家庭を喜んで占拠するのか

「私たちの中国」という絵本をウイグル族の子どもに贈る職員の男性。男性はこの家族の「親戚」として位置付けられる/Xinjiang Chinese Communist Youth League

「私たちの中国」という絵本をウイグル族の子どもに贈る職員の男性。男性はこの家族の「親戚」として位置付けられる/Xinjiang Chinese Communist Youth League

(CNN) この2年、中国西部の新疆ウイグル自治区から、イスラム教徒が多数派を占めるウイグル族の大量拘束に関する報道が徐々に伝わってくるようになった。

こうした報道が積み重なり、悪夢のような大規模収容キャンプや人工知能(AI)監視システムの輪郭が見えてきた。ウイグル族は中央アジアに住む1100万人近い民族集団で、自分たちのことを「破壊された民族」と形容している。

中国当局はウイグル人社会の再編を目指すプロジェクトについて、宗教的「過激主義」とテロの脅威への対応と位置づける。報道の自由がない中、ウイグル族による襲撃の情報は、国家統制への抵抗という実態から離れて大きく報じられてきた。

研究者のエイドリアン・ゼンツ氏と国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチによると、拘束中のウイグル人は最大で100万人に上るとみられている。一方、中国当局は、キャンプが拘束施設であることを否定。生徒が喜んで参加する「職業訓練センター」だと主張する。

キャンプをめぐる憤りの声が世界で強まる陰で、ウイグル族の家庭には100万人以上の政府職員が派遣され、抵抗の動きを監視・調査している。その大半を占めるのは、中国の多数派民族である漢族だ。

こうした「親戚」(職員は自分たちのことをそう呼ぶように訓練されている)は、ウイグル族を完全に同化させる試みの一端を担い、宗教や言語、家族構造、食文化といった基盤を掘り崩そうとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]