カメルーン英語圏で衝突激化、民間人400人殺害

カメルーン英語圏で衝突激化、民間人400人殺害/-/AFP/AFP/Getty Images

カメルーン英語圏で衝突激化、民間人400人殺害/-/AFP/AFP/Getty Images

ナイジェリア・ラゴス(CNN) アフリカ西部のカメルーンで分離独立を求める英語圏の武装集団と治安部隊の衝突が激化し、今年に入って約400人の民間人が殺害されている。国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルが18日に明らかにした。

民間人が拉致される事件や、軍と分離独立を目指す武装集団との衝突は、今年1月以来、確認されただけで260件に上るという。

アムネスティが先週入手したという2本のビデオには、頭部を切断されたカメルーンの治安当局者の姿や、分離独立を要求している「アンバゾニア解放軍」のメンバーを名乗る男が映っている。

CNNではこの映像の信憑性については確認できていない。

フランス語圏からの分離独立を求める武装集団によって殺害された兵士は、2016年以来、少なくとも160人に上るという。

南西部のブエアでは、兵士が武装勢力に襲撃される事件が続発している。市民や兵士に対する「残忍な攻撃」は、英語圏のアングロフォン地域で暴力がエスカレートしている証だとアムネスティは指摘し、「制御不能となった暴力から誰ひとりとして免れることができない中で、カメルーンのアングロフォン地域は絶望的な状況に陥りつつある」と分析している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]