玩具の銃持ったダウン症の男性、警官が射殺 スウェーデン

玩具の銃持ったダウン症の男性、警官が射殺

(CNN) 北欧スウェーデンの地元メディアは4日までに、同国の首都ストックホルムの市内でダウン症を患う20歳男性がおもちゃの銃を所持していた際、本物と判断した警官に射殺される悲劇があったと報じた。

CNN系列の地元メディア「エクスプレッセン」によると、自閉症との診断も受けていた男性の母親は、息子には言葉での意思伝達能力はなかったと指摘。自宅から逃げ出した後、行方不明の報告はしていたという。

警官に撃たれた時、贈り物としてもらっていたプラスチック製のおもちゃの銃を持っていたが、一見では「軽機関銃」にも似ていたという。

地元警察は銃を持った不審者がいるとの通報を受け、現場に急行。目撃者の証言を伝えたエクスプレッセンによると、警官は男性に武器を捨て地面に伏すよう大声で命令。この後、複数の警官が発砲したとみられる。男性は病院に搬送されたが、死亡した。

男性の母親は、足などを狙うのではなく致命傷となる銃撃をした警官側の対応を批判。遠くから見てもダウン症の患者だったことはわかったはずだとし、息子は3歳児のような人間だったとし威嚇行為は有り得ないとも主張した。

検察当局は警察側の不手際があった可能性を踏まえて調べている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]