韓国の教団信者数百人、フィジーで身動き取れず 指導者は監禁の疑いで逮捕

韓国警察はフィジーに拠点作りを進める韓国の宗教団体の信者が身動きできない状況と懸念している/Phil Walter/Getty Images

韓国警察はフィジーに拠点作りを進める韓国の宗教団体の信者が身動きできない状況と懸念している/Phil Walter/Getty Images

ソウル(CNN) 韓国警察は4日までに、同国の宗教団体「グレース・ロード教会」の数百人の信者が南太平洋の島国フィジーに渡航後、教団幹部からパスポートを奪われるなどして身動きがとれなくなっている疑いがあるとの懸念を示し、国際刑事警察機構(インターポール)に対し信者らの安全確保で支援を要請していることを明らかにした。

韓国警察は先月24日、信者らを監禁して暴行を加えたとして、同教団の指導者シンオクジュ容疑者と信者3人を逮捕した。シン容疑者と信者の1人はベトナムから空路ソウルに到着したところで逮捕、残る信者2人は教会の本部で身柄を確保された。

シン容疑者は一部の信者を意思に反してフィジーに滞在させ続けた疑いが持たれている。

同教団のウェブサイトによると、「エスター師」と呼ばれるシン容疑者は「神だけが神である」世界を作るのを助ける使命があり、それによりキリストの再臨に向けた準備が整うと主張。来たるべき大規模な飢饉(ききん)に備えて信者とともに新たな家を見つける必要があるとの信仰を説いていた。

フィジーに注目するとすぐに「聖書で約束された世界の中心の高みにフィジーを育てるべく、永遠の土台を築く」作業を開始。教会の企業部門「GRグループ」が事業開設に乗りだし、建設業から農業に至るさまざまな分野に進出した。

教会のウェブサイトでは、世界中から数百人が加わったとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]