エチオピアとエリトリア、戦争終結を宣言 両首脳が共同文書に調印

エチオピアのアビー首相(右)とエリトリアのイサイアス大統領が戦争の終結を宣言

エチオピアのアビー首相(右)とエリトリアのイサイアス大統領が戦争の終結を宣言

ナイジェリア・ラゴス(CNN) アフリカ東部のエチオピアとエリトリアの両首脳は9日、長年にわたる戦争状態を終結する合意に署名した。エリトリアのヤマネ情報相が明らかにした。

エリトリアの首都アスマラを訪問中のエチオピアのアビー首相は同日、エリトリアのイサイアス大統領と初の首脳会談を行い、共同宣言に署名した。

8日の公式晩餐(ばんさん)会では、双方の大使館を再び開設し、港湾を開き、直行便を運航するなどして外交関係を強化する方針が示されていた。

国境線を巡る対立が起きた両国の間では、1998年から2000年までの戦闘で少なくとも7万人が死亡した。

エチオピアの与党は今年6月、2000年に結ばれた和平協定の条件に従い、当初拒絶していた国境線の画定を認める意向を表明。これを受け、4月に就任したアビー首相によるエリトリア訪問が実現した。2000年以降でエリトリアを訪れたエチオピアの首相は同氏が初めて。

エリトリアのヤマネ情報相はツイッターで、「平和と友好の新時代が幕を開けた。両国は政治、経済、社会、文化、安全保障の面で連携を密にするよう協力していく」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]