アメリカンドリーム夢見た移民女性、米国境警備員が射殺

不法移民射殺、当局が状況説明を変更

(CNN) 失業からの脱却とアメリカンドリームを夢見てグアテマラから2400キロあまりを旅して米国にたどり着いた若い女性が、米テキサス州で国境警備員に射殺された。

女性が血を流して地面に横たわる様子を目撃者が撮影し、フェイスブックに投稿したことから、不法移民の強硬な取り締まりを進める米国に対して国際的な非難の声が上がっている。

死亡したのはクラウディア・パトリシア・ゴメス・ゴンザレスさん(20)。グアテマラにある先住民の集落を3週間ほど前に出発し、米国への移民を目指す集団と一緒に国境へたどり着いたが、23日にテキサス州リオブラボーの住宅地で国境警備員と遭遇し、射殺された。

ゴメス・ゴンザレスさんはグアテマラで2年前に会計学の学位を取得したが、懸命な就職活動を行っても仕事はなかった。そこで失業から抜け出すため、1年前に出発したボーイフレンドに続いて、自分も米国を目指すことを決意した。

米税関・国境警備局(CBP)によると、ゴメス・ゴンザレスさんは、国境警備員が撃った1発の銃弾に当たって死亡した。発砲した警備員は休職扱いとなっている。

遺族はグアテマラで25日に記者会見を開き、「大勢の人が動物のように扱われてきた。人としてすべきことではない」と訴えた。

グアテマラ外務省も、「国境警備隊による暴力行為などの過剰な力の行使を非難する。移民資格を問わず、我々の国民の権利、特に生存権の尊重を求める」とする声明を発表した。

税関・国境警備局は当初、警備員が発砲した経緯について、「鈍器」で武装した移民集団に襲撃されたと説明していた。しかしその2日後に改訂した内容では「鈍器」には触れず、集団が「地面に伏せろ」という命令を無視して警備員に向かってきたと説明している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]