トランプ氏と金正恩氏、握手を交わし会談を開始

トランプ氏と金正恩氏が握手

シンガポール(CNN) 米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日、シンガポールのセントーサ島で対面して握手を交わした後、一対一形式の会談に入った。

現地時間午前9時(日本時間同10時)からの会談に向けて、トランプ氏は午前8時すぎに滞在先のホテルを出発。約10分後に会場のカペラホテルに着き、まもなく正恩氏も到着した。

両首脳は米国と北朝鮮の旗が並ぶ前で、言葉を交わしながら互いの手を握り合った。トランプ氏が正恩氏の背に手を添えて移動を促し、両首脳は廊下でしばらく会話をしてから会談の部屋へ入った。

一対一形式の会談に先立ち、トランプ氏は記者団の前で会談の「大成功」を願うと述べ、「素晴らしい関係」の構築に期待を示した。

正恩氏は通訳を通し、会談実現までにはいくつかの「障害」があったとしたうえで、「我々はそれを全て乗り越え、きょうここにいる」と語った。

午前10時からは双方の顧問らを交えた会談となり、11時30分には昼食会が予定されている。トランプ氏は午後4時に記者会見を開き、7時ごろにシンガポールを出発する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]