教会の自爆テロ、実行犯は夫婦と子どもたち インドネシア

2018.05.14 Mon posted at 10:06 JST

[PR]

ジャカルタ(CNN) インドネシア・ジャワ島東部のスラバヤにある3つのキリスト教会で13日朝に相次いだ爆発について、カルナビアン国家警察長官は同日、夫婦と子ども4人の家族による犯行だったとの見方を示した。

子どもたちの中には9歳と12歳の娘も含まれていたという。カルナビアン氏は13日の記者会見で、一家6人の実行犯のほかに7人が死亡したと述べた。警察報道官によれば、さらに警官2人を含む41人の負傷者が病院へ運ばれた。

カルナビアン氏によると、実行犯の夫婦は過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」を支持する国内のテロ組織「JAD」(ジャマア・アンシャルット・ダウラ)のメンバーだった。

ISISはメディア部門のアマク通信を通し、「殉教攻撃」だったとする犯行声明を出したが、裏付けとなる証拠は示していなかった。

同氏によれば、夫は車に妻と娘2人を乗せて出発。妻子3人は長老派の教会で降り、建物の内部で自爆した。夫はそのままペンテコステ派の教会へ向かい、教会前で車ごと自爆した。別行動の息子2人はオートバイでカトリック教会まで行き、爆弾を起爆させたという。

一家が住んでいた家の捜索では、パイプ爆弾が入ったプラスチックの箱3個や黒い粉末が見つかり、本や文書が押収された。

ジョコ・ウィドド大統領は13日午後、閣僚らとともに現地へ出向き、地元当局者らと会談した後、負傷者らを見舞った。

メールマガジン

[PR]