ライオンがまた公園から逃走、男性襲う ケニア首都

(CNN) アフリカ東部ケニアの野生生物保護当局は19日、首都ナイロビに接する国立公園に生息するライオン1頭が18日、公園の区画内から出て、ナイロビ市内に入り込み、男性1人が襲われて負傷したと述べた。

ケニアの地元メディアによると、ナイロビ市の外縁部に位置する同公園からのライオンの「逃走劇」は過去数週間で4度目。

今回襲われた男性の負傷の程度は不明だが、手当てを受けた。

野生生物保護当局はツイッターで、当局の係員が逃げ出したライオンの動きを制止し、公園に戻したと報告した。ソーシャルメディア上では、雄のライオンがナイロビのビジネス街の1カ所をうろつく姿をとらえたビデオ映像が流れた。通りがかりの車が盛んに鳴らす警笛や、男性に飛びかかったとの叫び声も入っていた。

ナイロビでは先月、ライオンの群れが真夜中に同市の住宅地区に侵入し、関係当局者が追跡に翻弄される騒ぎが発生。群れの一部は最終的に公園に戻っていた。

ナイロビの高層ビル群が背景にそびえるナイロビ国立公園にはヒョウ、水牛やキリンなども生息。公園の境界線には動物が外へ出るのを防ぐため電流フェンスが設けられている。しかし、市街から遠く離れた公園の南側部分は川が境目となっている。ライオンがこの南側部分を通じてナイロビ市内へ入り込んだのかは不明となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]