女性の省庁次官が初めて誕生、軍勤務も可能に サウジ

サウジアラビアで省庁の次官に初めて女性が任命された

サウジアラビアで省庁の次官に初めて女性が任命された

(CNN) サウジアラビア政府は3月1日までに、省庁幹部などの人事異動を発表し、労働・社会発展省の次官に女性を任命した。省庁次官への女性抜てきは同国で初めて。

原油依存から脱却する経済改革と女性の社会進出の促進を加速させる同国の実力者であるムハンマド皇太子(32)の意向を反映した人事とみられる。皇太子は同国から「行き過ぎたイデオロギー」を排除し、「より穏健なイスラム国家」への変質を図ると宣言している。サウジの統治は厳しいイスラム教戒律に基づいている。

公共治安総局はこれより前、ツイッターの公式アカウントで軍の職務を女性に初めて開放する方針も発表していた。

サルマン同国国王(82)はまた、参謀総長を含む軍幹部を入れ替える勅令を最近発表。国営サウジ通信(SPA)によると、陸空軍司令官や戦略ミサイル部隊司令官も含まれた。

勅令によると、これら軍首脳の人事は国防相も兼務するムハンマド皇太子の進言に従ったとした。国王の息子である皇太子は国王の後継者順位で第1位となっている。

今回の軍異動の理由は伝えられていない。サウジは現在、イエメン内戦に軍事介入して国際社会が認知するハディ暫定大統領派に肩入れし、イランが後押しするとされる反政府武装組織フーシの駆逐を図っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]