シリアの惨状に言葉なし、ユニセフが「無言」の声明

戦闘で破壊されたシリアの街。シリアでは2011年から内戦が続いている

戦闘で破壊されたシリアの街。シリアでは2011年から内戦が続いている

(CNN) 国連児童基金(ユニセフ)は20日、シリアで続く「子どもに対する戦争」について、無言の「声明」を発表した。

ユニセフのゲールト・カッペラエレ中東・北アフリカ地域代表は、声明の中で「殺害された子どもたちと、その母親、父親、そして彼らが愛した人たちのことを、正当に言い表せる言葉はない」と指摘。続いて引用符のみを10行並べ、筆舌に尽くしがたいシリアの惨状を空白で表現した。

この声明はソーシャルメディアにも掲載された。ユニセフは、シリアで2011年から続く内戦によって殺戮(さつりく)がエスカレートする状況に対し、脚光を浴びせたい意向だ。

シリア政権は、反体制派が支配するダマスカス郊外の東グータ地区で空爆を続けている。この空爆によって、過去24時間で子ども少なくとも20人を含む250人以上の民間人が死亡した。

シリア人権監視団(本部・英国)によると、今回の空爆による犠牲者数は、2015年に同地で化学兵器が使われたとされる攻撃以来、最悪の状況となっている。

ユニセフの無言の声明は、次のような文言で締めくくられている。

「ユニセフは今回、無言の声明を発表した。子どもたちの苦しみと、我々の憤りを表現する言葉はもうない」「この苦しみを生じさせている者たちには、その残虐行為を正当化する言葉がまだあるのか」

ツイッターに掲載された声明。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]