空爆で負傷した少年の映像公開、「これがシリアの日常」

空爆を受けたアレッポで、がれきの中から救出されたオムラン・ダクニシュ君

空爆を受けたアレッポで、がれきの中から救出されたオムラン・ダクニシュ君

(CNN) 内戦が続くシリア北部のアレッポでがれきの中から救出され、血と埃にまみれた姿で救急車の椅子にじっと座って手当てを待つ幼い少年の映像が公開され、シリアの惨状を物語る象徴的存在として、ソーシャルメディアを通じて広まっている。

少年は5歳のオムラン・ダクニシュ君。支援団体のアレッポ医療センターがインターネットにビデオを投稿した。作業員に抱きかかえられて救急車に乗せられた少年は全身埃にまみれ、顔の左半分は血にまみれていた。

しかしそんな惨状の中でも椅子に座ったままじっと黙って動かず、がれきから救出される間も泣き声を上げなかったという。「極度のショック状態にある」と関係者は指摘する。

オムラン君はアレッポの自宅で両親や兄弟らと暮らしていたが、自宅が17日の空爆で破壊され、オムラン君も家族も負傷した。それでも幸いなことに、一家全員が命を取り留めたという。空爆したのはシリア政府とロシアだったと活動家は話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]