台湾で地震 日本人含む225人負傷、145人行方不明

台湾沖で強い地震

(CNN) 台湾の東方沖で6日深夜に地震が発生し、当局によれば、少なくとも2人が死亡したほか、観光客を含む225人が負傷した。米地質調査所(USGS)によると、震源は台湾東部の花蓮から北北東へ約21キロ離れた東シナ海。地震の大きさはマグニチュード(M)6.4。

地元メディアによれば、7日午前の時点で145人が行方不明となっている。

花蓮市の警察によれば、負傷者の中には少なくとも50人の日本人観光客が含まれるという。

花蓮市ではマーシャル・ホテルなど3棟が倒壊した。CNN提携の地元メディアによれば、約400人の救助隊員が派遣されたほか、クレーンも投入されている。

負傷者の多くは、マーシャル・ホテルから出ている。当局によれば、ホテルの従業員1人が地下部分から救出されたほか、3人が行方不明となっているという。

当局によれば、行方不明者の数はわかっていない。付近の2本の橋も被害を受け、閉鎖されたという。

マーシャル・ホテルの近くにあるコンビニエンスストアの従業員は、ホテルの1階と2階に大きな被害が出たようだと語った。警官が救出活動に当たっているという。コンビニもガラスが割れるなどの被害が出たという。

台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統はツイッターを通し、軍や政府機関が対応にあたっていると述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]