制裁下でも進む「消費革命」、資本主義がじわり浸透 平壌

10年以上に及ぶ国際社会の制裁にもかかわらず、韓国銀行(中央銀行)の推計によると、北朝鮮経済は昨年3.9%の経済成長を示した。2000年以降では最速のペースだ。

企業活動の活性化は、金正恩政権の財政を底上げしているとみられている。

こうした新しい店舗やレストランの大半を運営しているのは、政府と密接なつながりを持ち、収益の一部を上納するよう求められている特権階級である可能性が高い。

ただ今のところ、民間企業活動の勃興は平壌に限定されているように見える。他の大半の地域は依然、豊かさやテクノロジーといった面で数十年分の遅れを取っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]