強姦被害の10歳児が出産、裁判所が中絶認めず インド

2017.08.18 Fri posted at 11:30 JST

[PR]

ニューデリー(CNN) インド北部チャンディーガルの病院で、強姦の被害に遭った10歳の少女が帝王切開で女児を出産していたことが18日までに分かった。医師によると、母子ともに容体は安定しているという。

少女の家族は人工妊娠中絶を認めるよう求めていたが、インド最高裁は医師の診断や診察結果に基づいて、3週間前にこの訴えを退けていた。

地元紙の報道によると、少女は妊娠35週目だった。

医師によると、少女は自分が妊娠していることを知らなかった。両親は、腎結石のために手術が必要だと娘に言い聞かせ、医師から真実を告げることも拒んでいたという。

インドでは裁判所が認めない限り、妊娠20週目以降の中絶を法律で禁じている。

弁護士によると、家族が娘の妊娠について当局に相談した時には妊娠26~27週目に入っていた。

少女はおじによる強姦の被害に遭っていた。おじは6~7カ月にわたって少女を暴行していたとされる。この男に対する裁判は係争中。

メールマガジン

[PR]