米国、シリア反体制派への武器支援停止

2017.07.22 Sat posted at 16:36 JST

[PR]

(CNN) 米特殊作戦軍のレイモンド・トーマス司令官(大将)は21日、シリア内戦に触れ、トランプ政権がアサド政権打倒の武装闘争に加わる反体制派に対して秘密裏に実施してきた米中央情報局(CIA)による武器提供などの支援を打ち切ったことを明らかにした。

米コロラド州アスペンで開かれた安全保障や軍事問題に関する討論会で述べた。同司令官は、反体制派に対する軍事支援の停止の決定はアサド政権を支えるロシアへの譲歩ではないと主張。

「武器支援の本質の評価、今後も続行する実行可能性の評価に基づくと考えている」とし、支援停止は「非常に厳しい決定だった」と述べた。

反体制派への軍事支援はオバマ前政権時代に始まっていた。アスペンでの討論会にはオバマ政権下のブレナンCIA前長官も参加していたが、支援の詳細には触れなかった。その上でCNNの取材に、反体制派に対する米国の支援は必要との考えを示した。

メールマガジン

[PR]