トルコ沖でM6.7の地震、ギリシャの島で2人死亡

ギリシャとトルコの間の海底でM6.7の地震が発生

ギリシャとトルコの間の海底でM6.7の地震が発生

(CNN) トルコ南西部沖で21日未明、マグニチュード(M)6.7の強い地震があり、ギリシャ領のコス島で少なくとも2人が死亡した。地元自治体が明らかにした。

米地質調査所によると、震源地はギリシャとトルコの間の海底で、コス島の北東16.2キロの地点。両国で約20万人が、強い揺れ、または非常に強い揺れを感じた。

震源に近いトルコ西部の港湾都市ボドルムが激しい揺れに見舞われる映像も、インスタグラムに投稿された。

地元自治体によると、ボドルムでは現時点で死者が出たという情報は入っていないという。

アナトリア通信がボドルム市長の話として伝えたところでは、道路1カ所が崩壊し、船舶を係留していたロープが高波で寸断されて数隻が破損した。

ボドルム近くの村に滞在中だったCNNの特派員によれば、最初の揺れから3時間の間に少なくとも12回の余震が発生したという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]