北朝鮮、6度目の核実験準備が完了か 衛星画像で分析

2017.04.13 Thu posted at 17:11 JST

[PR]

(CNN) 米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究所の北朝鮮問題研究グループ「38ノース」は12日、北朝鮮の豊渓里(プンゲリ)核実験場で6度目の核実験の準備が全面的に整った兆候が見られるとの分析結果を発表した。同グループのアナリストであるジョセフ・ベルムデス氏がCNNに明らかにした。

商業用衛星の撮影画像を分析した結論で、過去6週間における同核実験場での動きは準備が最終段階にあることを示唆していると指摘した。

ベルムデス氏と同僚のジャック・リュー氏は北朝鮮が2016年9月に強行した核実験を予告したことで知られる。2人は今年2月下旬以降、豊渓里核実験場での活動が活発化していることを警告。新たな装備品の運び入れ、司令センターでの活動、地下の実験場への入り口付近での穴掘りや排水作業などの形跡に注目していた。

最近の衛星画像によると、この穴掘り作業などが完了した兆候があり、実験が差し迫っていることを示唆している。

北朝鮮による5度の核実験のうち、3回は核やミサイル開発を加速する金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の命令で実施した。

北朝鮮当局者は今週、平壌でCNNの取材に応じ、米軍によるシリア攻撃と空母から成る戦闘艦船群のアジア北部海域への派遣は核開発の重要性を浮き彫りにしたと強調。ベルムデス氏は「北朝鮮は米国による攻撃を阻止し、金氏体制を維持させる唯一の方策は核兵器の保持と信じ込んでいる」とも述べた。

北朝鮮は今月15日、金日成(キムイルソン)国家主席の生誕105周年を迎える。この日は過去において兵器実験の実施や他の力の誇示に使われた経緯もある。

メールマガジン

[PR]