イラク北部で化学兵器使用か、12人に症状 赤十字

2017.03.04 Sat posted at 17:30 JST

[PR]

イラク北部アルビル(CNN) 赤十字国際委員会当局者は4日までに、過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の掃討作戦が続くイラク北部モスルで負傷した住民12人に化学兵器攻撃にさらされたような症状が見つかったと報告した。

同委の中東担当責任者によると、12人は北部アルビル近くの病院で手当てを受けたが、激烈な化学物質に触れたような症状があった。12人は子ども5人、女性3人に男性4人。皮膚のただれ、せき、目の充血、炎症や吐き気などを訴えているという。

CNNの取材に応じたモスル東部の住民2人は、同地区を狙った1日と2日の迫撃砲攻撃で奇妙な化学物質もしくはマスタードガスのような異臭が漂ったと証言。迫撃砲弾はモスル西部からチグリス川を越えて着弾したとしている。

この迫撃砲攻撃を行った勢力は不明。

赤十字国際委の報道担当者によると、手当てを受けた住民12人は同じ攻撃で負傷していた。世界保健機関(WHO)はモスル東部での化学兵器攻撃が疑われる被害を受け、負傷者の治療のための緊急対応プランを発動したという。

メールマガジン

[PR]