米軍、ISISの化学兵器工場を空爆

米空軍がISISの化学兵器工場を爆撃

(CNN) 米空軍は13日、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が化学兵器の製造に使っていたイラク北部モスル近郊の工場を空爆したと発表した。

ハリギアン中央空軍司令官によると、標的となったのはISISが元製薬工場を改修し、本部も置いていた建物。使われていた化学物質の種類は今のところ不明だという。12日に戦闘機12機が出動し、50カ所を攻撃した。

化学兵器禁止機関(OPCW)は先月、シリア内戦での化学兵器使用の実態を1年間にわたり調べた結果として、アサド政権が塩素ガス、ISISがマスタードガスを使ったとする報告を発表していた。

米国家安全保障会議(NSC)の報道官はこれを受け、米軍主導の対ISIS有志連合軍はISISの化学兵器製造能力を優先的に攻撃していると強調していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]