難民が死亡、豪政府の責任問う声 過酷な収容政策の犠牲か

亡くなったアフメドさんの追悼式で施設の収容者らが掲げた横断幕

亡くなったアフメドさんの追悼式で施設の収容者らが掲げた横断幕

(CNN) オーストラリアへの難民希望者を収容するパプアニューギニアの施設で病気の若者が放置され、豪本土へ運ばれた直後に死亡したとして、施設の収容者らが豪政府の責任を追及している。

当局の発表によると、パプアニューギニア・マヌス島の施設に収容されていた27歳のスーダン人男性、ファイサル・イシャク・アフメドさんは豪クイーンズランド州ブリスベンへ空路搬送され、24日に病院で死亡した。

25日に執り行われたマヌス島での追悼式では、施設の収容者らが横断幕を掲げ、「亡くなることは予想できた」「アフメドさんは殺された」と訴えた。

イラン人ジャーナリストが施設内からCNNに報告したところによると、アフメドさんは6カ月以上前から毎日胸や頭の痛みを訴えていたが、痛み止めを与えられるばかりだった。死亡が発表される前日から意識不明に陥っていた。アフメドさんの体調が悪く、何度か意識を失って倒れていたことは、全ての収容者が知っていたという。

難民支援グループが収容者らから入手したという公式の書類には、アフメドさんが英語で「早く治療を」と懇願する文章が書かれていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]