不明マレーシア機の捜索を一時中止へ

不明マレーシア機の位置は現在も不明

不明マレーシア機の位置は現在も不明

クアラルンプール(CNN) 2014年3月に消息を絶ったマレーシア航空370便をめぐり、マレーシア、中国、オーストラリアの3カ国の当局は22日、現在捜索を行っている海域で同機を発見できなかった場合、捜索をいったん中止すると発表した。

捜索は現在、インド洋南部の海域を対象に行われている。残る範囲は1万平方キロを切り、機体を発見できる可能性は少なくなりつつある。現在の捜索は12月までに終わる見通し。

ただ、マレーシアのリオウ・ティオンライ運輸相は記者会見で、捜索を諦めたわけではないと強調。3カ国の当局者は、同機の発見につながる新たな情報がないか様子を見たいとしている。

一方、行方不明者の家族の一部からは、捜索の継続を望む声も上がっている。

同機は14年3月8日、マレーシアの首都クアラルンプールを出発し中国の北京を目指す途中で消息が途絶えた。乗客乗員239人の全員が死亡したとみられている。

機体の残骸の一部は、インド洋西部の仏領レユニオン島、インド洋の島国モーリシャス、南アフリカ、モザンビーク沖で回収された。オーストラリア運輸安全局(ATSB)はこのうち4点の残骸について、ほぼ確実に同機のものと断定したが、墜落地点の解明には結びついていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]