中国の国産ステルス機「J20」、航空ショーで初公開へ

軍事パレードの練習で上空を飛ぶ中国軍機

軍事パレードの練習で上空を飛ぶ中国軍機

中国・珠海市(CNN) 中国軍の国産ステルス戦闘機「J20(殲20)」が今週開催される航空ショーで初公開される見通しであることが31日までに分かった。

J20は11月1日から6日まで中国・珠海市で開催される中国国際航空宇宙博覧会に登場するとみられている。同イベントには中国やロシアの防衛産業からの参加が見込まれている。

J20は、中国航空工業集団公司傘下の成都飛機工業が開発製造に携わっており、米軍のF22やF35の対抗機となると目されている。

同イベントでは、戦闘機「J10B」や爆撃機「H6K」なども登場するとみられているほか、攻撃ヘリ「Z10K」も初披露される可能性がある。

隔年で開催される中国国際航空宇宙博覧会は過去20年にわたって中国空軍が進める戦力増強の象徴ともいえる。かつては輸入やロシア軍機の解析などに頼っていたが、最近は国内で開発を行う段階にまで移りつつある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]