イエメンで葬儀場空爆、155人死亡 サウジ主導連合軍か

イエメン首都のサヌアにある葬儀場が空爆を受け、155人以上が死亡した

イエメン首都のサヌアにある葬儀場が空爆を受け、155人以上が死亡した

(CNN) 内戦状態が続くイエメンの首都サヌア市内で葬儀場が空爆を受け、少なくとも155人が死亡した。保健当局者2人が8日に語った。

地元当局はサウジアラビア主導の連合軍による空爆との見方を示したが、連合軍はこれを否定している。サウジの英字紙アラブ・ニュースによると、連合軍報道官は「そのような報告は認識していない」として「別の原因」を主張。民間人が集まる場所への攻撃は避けてきたと強調した。

葬儀場ではこの日、サヌアなどを実効支配するイスラム教シーア派の武装組織「フーシ」で「内相」を務める人物の父親の通夜が執り行われ、多数の参列者が集まっていた。

サヌア市内の病院関係者によると、少なくとも20人が手や足を失う重傷を負った。

国際赤十字委員会の中近東部門責任者は声明で攻撃を強く非難し、「イエメンの市民はこの1年半の間、甚大すぎる犠牲を強いられてきた」と述べた。

イエメンでは昨年、イランの支援を受けるフーシがハディ暫定大統領を追放。これに対して、サウジが主導するアラブ諸国の有志連合軍が軍事作戦を展開してきた。混乱に乗じて国際テロ組織アルカイダや過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が勢力を伸ばしている。国連によると、同国の紛争による死者は1万人を超えたと推定される。

クウェートで進められていた和平交渉が8月に崩壊してから、連合軍は空爆を強化し、人権団体などから「無差別攻撃」「戦争犯罪」との批判を浴びている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]