比大統領「麻薬中毒300万人殺したい」、ヒトラーに言及

フィリピンのドゥテルテ大統領が自身をヒトラーになぞらえた

フィリピンのドゥテルテ大統領が自身をヒトラーになぞらえた

(CNN) フィリピンのドゥテルテ大統領は30日、自らの麻薬犯罪対策に関連し、「ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーはユダヤ人300万人を虐殺した。比国内にいる麻薬中毒者300万人を喜んで殺したい」との旨の発言を示した。

今年6月の大統領就任前に市長を務めていた南部ダバオ市での演説で表明した。「少なくともドイツにはヒトラーがいた。フィリピンには私がいる。この国の問題を片付け、次世代を地獄から救いたい」とも述べた。

ドゥテルテ氏の今回の言動に対し、ユダヤ人の国際団体である世界ユダヤ人会議のロナルド・ローダー議長は激しく反発し、不快な発言であり撤回と謝罪を求めると主張。

史実を見た場合、ヒトラーは社会的な不適応者とする1100万人を迫害し、このうちの600万人はユダヤ人とされる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]