アフガン麻薬対策に97億円かけた航空機、1度も使われず 米報告書

100億円近くの費用をかけて改造された飛行機が使用されていないという

100億円近くの費用をかけて改造された飛行機が使用されていないという

ワシントン(CNN) 米麻薬取締局(DEA)と国防総省がアフガニスタンの麻薬対策のため8600万ドル(約97億円)をかけて改造した航空機が、実際には使われないままになっていたことが、司法省の監察官が30日にまとめた報告書で明らかになった。

この航空機「ATR42―500」はDEAの作戦のため、国防総省が当初予定していた2200万ドルの4倍の額を費やして7年がかりで改造し、偵察用の機材を装備するなどしていた。

しかし今年3月現在も使用できないまま、ジャッキに乗せられた状態になっているという。

不適切な支出のほとんどは購入後の改造にからんだものだった。例えば2014年には6500万ドル以上をかけて改造が行われたが、偵察機器や通信機器を取り付けた際に損傷した箇所を修理するため、さらに600万ドルの拠出が必要になった。また、DEAによる機体購入額も想定を300万ドル上回っていた。

さらに、約200万ドルを拠出して同機のための格納庫の改造が行われたにもかかわらず、この格納庫が使われることはなかった。DEAは15年7月にアフガニスタンでの航空作戦を中止しており、今後も格納庫が使われる予定はない。

監察官は、14年7月に匿名の内部告発を受けて監査に乗り出した。

DEAは報告書の指摘を受け、「限られた予算を責任を持って最大限に活用できるよう、ポリシーや手順を見直す」と表明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]