ファルージャ奪還、イラク軍攻勢 ISIS「首都」にも攻撃

ファルージャ奪回へイラク軍が攻勢をかけている

ファルージャ奪回へイラク軍が攻勢をかけている

(CNN) イラク軍は過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」支配下にある中部ファルージャの奪還をめざし、同市の南側と北西側から攻勢をかけている。また、ISISが「首都」と称するシリアの都市ラッカに対してもシリア軍が攻撃を仕掛けている。

軍部隊はファルージャ中心部の南方約5キロに位置するヌアイミヤを掌握し、4日には市南部へ攻め込んだ。

軍の統合作戦司令部によると、北西へ約10キロ離れたサクラウィヤも同日、軍部隊が奪還を果たし、町の中心となっている建物に国旗を掲げた。

軍はISISが町内の数百カ所に仕掛けた即席爆弾を捜すため、通りをくまなく調べている。

また米軍が主導する有志連合の戦闘機は、町の南側を流れるユーフラテス川にボートを浮かべて逃走しようとしていたISIS戦闘員らを空爆し、乗っていた全員を殺害したと発表した。

有志連合は3日にも、ファルージャ市内でISISの司令部とトンネル網を空爆し、数十人の戦闘員を殺害していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]