シリア軍、ISISからパルミラの城塞奪還 国営メディア

シリア中部にあるパルミラの古代遺跡=UNESCO

シリア中部にあるパルミラの古代遺跡=UNESCO

(CNN) シリア政府軍は、同国中部にあるパルミラの城砦(じょうさい)を過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」から奪還した。国営メディアが25日、伝えた。この城砦はISISが破壊したパルミラ遺跡を見下ろす丘の上にある。

パルミラ遺跡は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の文化遺産にも指定され、ISISによる破壊行為が問題となっていた。

シリア政府軍は、城砦に近いシリアテルの丘を掌握。国営シリア・アラブ通信(SANA)は匿名の軍事筋の話として、政府軍がISIS戦闘員の潜伏先を破壊し、多数のテロリストを殺害したと伝えた。他の戦闘員はパルミラ遺跡の方向に逃亡したという。

同通信によると、シリア政府軍がISISの残した爆発物を処理した。政府軍は城砦の制圧に加え、ISISからパルミラ遺跡を奪還する構えも見せているという。

国営テレビは前日、シリア政府軍がパルミラ南西部に進入しているとする映像を流していた。

ISISは昨年5月、パルミラを制圧。6月に同市の歴史遺跡の破壊を始め、2カ月後には1800年の歴史を持つ凱旋(がいせん)門のほか、2000年近い歴史があるバールシャミン神殿なども破壊した。ユネスコは神殿の破壊について、戦争犯罪だとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]