戦地となったイラク最大のダムに決壊の恐れ、米が大被害警告

ISISから奪還したダムに決壊の恐れ

(CNN) イラクの首都バグダッドの米国大使館は3日までに、イラク北部モスル近くにある同国最大のダムが予兆もなしに決壊する深刻な恐れがある異例の事態となっていると警告した。

このダムは過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が2014年8月に掌握したが、米軍の空爆支援を受けた少数派クルド人の戦闘部隊とイラク軍が同月、奪還に成功していた。

米大使館はモスルダムの現状の説明文書で、ダムが決壊すれば洪水が発生し、多数の人命損失、大規模な周辺住民の避難や広範なインフラ基盤の破壊につながると指摘。決壊発生が予想される時期に関する特定の情報はないが、強い警告が必要との立場から対応策の整備などを訴えることにしたと述べた。

決壊が差し迫っている理由がダムの構造問題などに起因するのかなどは伝えられていない。

建設業界の関連サイトによると、同ダムの長さは3.2キロで、最大で1250万立方メートル分の水量の止水が可能。決壊した場合、深さ数十フィート(1フィートは約30センチ)単位の水量がチグリス川に押し寄せ、モスルの方向へ流れることが予想される。水流は下流へさらに向かい、バグダッドなどを含む主要都市に洪水をもたらす可能性があるとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]