北朝鮮の核実験、「水爆の部品」のみ試験か 米当局者

米当局が今月6日の水爆実験を振動データなどから改めて検証

米当局が今月6日の水爆実験を振動データなどから改めて検証

(CNN) 米政府当局者は北朝鮮が今月実施を発表した水爆実験について、実験を試みたのは水爆の部品だった可能性があるとの見方を強めていることを明らかにした。

米国の検証結果に詳しい当局者によれば、実験データなどに関する最新情報を詳しく分析した結果、北朝鮮は水爆に関連した何らかの部品の実験を行って失敗した可能性があるとの見方が強まった。ただしまだ最終的な結論を出すには至っていない。

北朝鮮は今月6日、初の水爆実験を成功させたと発表。その時点で米ホワイトハウスのアーネスト報道官は「これまでの分析結果は北朝鮮の主張とは一致していない」と述べ、懐疑的な見方を示していた。

米政府は今も、水爆実験を行ったとする北朝鮮の主張を認めていない。しかし発表後に行った大気の分析調査でも確固とした結論は出なかった。

このため振動データを改めて検証したところ、地下実験は当初の推定より2倍の深さがある地点で行われたらしいことが判明。これは水爆実験を行った場合に必要とされる深さと一致しているという。

ただ、振動の規模などから判断すると、完全な水爆ではなかったと米当局は推定。北朝鮮国民は水爆実験に成功したと思っているかもしれないが、爆発したのは恐らく起爆装置など一部の部品だけだった可能性が大きいと当局者は話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]