北朝鮮、ミサイル発射準備か 米衛星が機材搬入など確認

ミサイル発射に向けた準備が進められているという

ミサイル発射に向けた準備が進められているという

(CNN) 北朝鮮北部の東倉里(トンチャンリ)にある西海衛星発射場を監視している米国の偵察衛星で、同施設への機材搬入や人の出入りが加速している様子がとらえられ、米軍や国際社会が警戒を強めている。

米当局者によると、ここ数日で人の動きがあり、ミサイル関連機器や燃料が同施設に運び込まれていることが、衛星画像で確認された。

北朝鮮は、同施設から打ち上げられるのはあくまで人工衛星だと主張する見通し。ただ米当局者は、発射されるのは大陸間弾道ミサイルだと見ている。

北朝鮮は2012年にもこの施設から人工衛星を積んだロケットを打ち上げたと発表し、平和目的の打ち上げだったと強調。これに対して米国や日本や韓国は、人工衛星を装った長距離弾道ミサイル実験だったとして非難していた。

北朝鮮は今月に入り、初の水爆実験を成功させたと発表している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]