毛沢東の巨像、「無許可」で取り壊しに 中国河南省

(CNN) 中国の国営メディアによると、河南省の農村に造られた「建国の父」毛沢東の巨像が、当局の許可を得ていなかったという理由で取り壊された。

中国の短文投稿サイト「新浪微博(ウェイボー)」には、一部が取り壊され、頭部に黒い覆いをかぶせられた像の写真が投稿された。この写真はツイッターにも広まった。

像は高さ36.6メートル。鉄筋コンクリートに金色の塗料を塗って造ったとされ、昨年12月に完成したばかりだった。農村に出現した巨大な姿に、ネット上などで賛否両論の声が上がっていた。

国営メディアは、300万元(約5400万円)の費用を実業家や地元住民らが出資したと伝えていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]