実行犯8人死亡、うち自爆7人 6カ所で犯行 パリの多発テロ

パリで多発テロ、発生場所

パリ(CNN) パリ中心部などで13日夜発生した銃撃や爆弾などの多発テロで同市の検察当局者は14日、襲撃犯8人が死亡したことを明らかにした。このうち7人は自爆攻撃で死亡した。

また、犯行はパリ内外の6カ所で起きたことも明らかにした。最大の犠牲者が出たコンサートホールやパリ北部郊外サンドニ地区にあるサッカー競技場の他、市内の10区や11区の3カ所などとなっている。犠牲者の総数は少なくとも153人に達した。

自動小銃AK47などによるとみられる無差別乱射が起きた同ホール「バタクラン」では少なくとも112人が死亡。自爆テロともされる爆発があったサッカー競技場スタッド・ド・フランスでは4人、10区では18人、11区では19人となっている。パリの副市長はCNNに、犠牲者がさらに増える可能性があると語った。

テロ実行犯の総数は伝えられていない。地元のCNN系列局BFMTVは政府当局者の情報として複数の襲撃犯が逃亡していると伝えた。

同ホールではロックバンドが公演している際に襲撃が起きた。脱出に成功したジャーナリストはCNNの取材に、同じく逃げ出していた友人の証言として襲撃犯はイラクやシリアについて話し合っていたことを明らかにした。フランス語をしゃべっていたという。

また、目撃者は地元ラジオに襲撃犯は発砲しながらホール内に侵入、「神は偉大なり」と叫んだと証言した。パリ警察の報道担当者は、同ホールでは襲撃犯4人が殺害されたが、うち3人は爆弾を巻き付けるベルトを用いていたと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]