トルコ首都連続爆発、95人死亡 政府は自爆テロとの見方

トルコの首都アンカラで爆発があり、少なくとも95人の死者が出ている

トルコの首都アンカラで爆発があり、少なくとも95人の死者が出ている

(CNN) トルコの首都アンカラで10日朝、爆弾2個が爆発し、首相府の発表によると、少なくとも95人が死亡、246人が負傷した。負傷者のうち48人は集中治療室に入っているという。トルコでは近年、最悪規模の攻撃となった。同国政府は自爆テロとの見方を示している。

爆発は、平和集会が行われていたアンカラ中央駅付近で発生。クルド系政党の国民民主主義党(HDP)の支持者らが平和を呼びかけるデモ行進を行っていたさなかのことだった。クルディスタン労働党(PKK)とトルコ政府の間で再燃した紛争の終結を求めるもので、犠牲者の大半は、昼休みにデモに参加していた。現場には約1万4000人がいた。

トルコのダウトオール首相はテレビ演説のなかで、自爆テロ犯2人による爆破との見方を示した。首相は国民に対し、3日間、喪に服すことを呼びかけたほか、テロとの戦いを要請。「これは特定の集団を狙った攻撃ではない。トルコ全体と我々の団結に対する攻撃だ」と述べた。

トルコでは3週間後に総選挙を控えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]