台風21号が台湾を直撃 死者2人、負傷者300人以上

台風21号の強風と豪雨が台湾を襲った

台風21号の強風と豪雨が台湾を襲った

香港(CNN) 台湾の災害対策当局は29日、北東部へ28日夜に上陸した台風21号で2人が死亡、324人が負傷したと発表した。

当局によると、死亡した2人は強風で倒された。負傷者は飛んできたものが当たったり、交通事故に遭ったりしたケースが多いという。

台風が上陸した宜蘭県は最大瞬間風速約68メートルの強い風と豪雨に見舞われた。

北東部の山間部では雨量が500ミリを超え、洪水や土砂崩れの危険性が高まった。

山間部では事前に住民約5000人が軍の誘導で避難した。

公共交通機関の多くは運転を取り止め、空の便も遅れや欠航が相次いだ。

台風は29日早朝に台湾を抜け、勢力を弱めながら中国本土の福建省へ向かった。人口の密集する沿岸部ではこれに先立ち、26万人以上が避難した。

この地域は先月、台風13号で大きな被害を受けたばかり。台湾で少なくとも7人、中国で少なくとも26人が死亡した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]