今度は本物、プーチン大統領がエルトン・ジョンに電話

今度の電話は本物だった

今度の電話は本物だった

(CNN) ロシアのプーチン大統領が24日、英歌手エルトン・ジョンさんに電話した。ペスコフ大統領報道官が国営スプートニク通信に明らかにした。ジョンさんはこの少し前に、プーチン大統領を名乗る人物からいたずら電話を受ける被害に遭っていた。

ペスコフ報道官によると、本物のプーチン大統領はジョンさんとの電話で、予定が合えば会おうと約束し、「あなたがいたずら電話を受けたことは知っています。でも怒らないでください。彼らに悪気はありません。あの行為を正当化するわけではありませんが」と伝えたという。

騒ぎの発端はジョンさんが英BBCテレビのインタビューで、ロシアの同性愛者に対する処遇を巡り、プーチン大統領と会って話し合いたいと語ったことだった。

ジョンさんは14日にインスタグラムで、プーチン大統領から電話がかかってきたと報告した。ところがロシア大統領府はその翌日、プーチン大統領は電話していないと発表。次いでロシアのテレビ司会者が、プーチン大統領を装ってジョンさんに電話したのは自分と仲間のコメディアンだったと認めた。

一連の経緯についてジョンさんは、「今回の不運な出来事が、この大切な問題に再びスポットを当てる助けになるのなら、今回はだまされたことをうれしく思う」とコメントしている。

ペスコフ報道官によれば、プーチン大統領はジョンさんと会って「どんな質問についても話し合う」用意があるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]