赤信号無視した人に「緑の帽子」かぶせる 中国警察

赤信号の無視で緑の帽子を着用=深セン交通警察

赤信号の無視で緑の帽子を着用=深セン交通警察

北京(CNN) 中国南部・深センの警察が、赤信号無視の歩行者を取り締まる目的で緑の帽子をかぶせる作戦に乗り出した。緑の帽子は、特に男性にとっては屈辱的と見なされ、キャンペーンは一定の成果を上げている。

歩行者の取り締まりは8月から開始された。深センの警察官によると、毎日1000人あまりの警察官を市内に配置して交通ルール違反に目を光らせている。赤信号無視などの現場を見つかった歩行者は、米ドル換算で3~16ドル(約370円~2000円)の罰金を支払うか、警察官の助手になるかの選択を迫られる。

助手になることを選んだ場合は明るい緑色の帽子とベストを身に着けて、歩行者に交通ルールを守るよう訴える活動に参加する。

注目を集めたのはこの帽子の色だった。中国で「緑の帽子をかぶる」という表現には、男性が妻や恋人に浮気されたという意味が込められている。地元紙が534人を対象としてインターネットで4日に実施したアンケート調査では、圧倒的多数が緑の帽子よりも罰金の方を選ぶと回答した。

深センの警察は地元メディアの取材に対し、緑の帽子にそれほど深い意味はないと説明している。過去に行った信号無視の取り締まりキャンペーンで緑のベストを使ったことがあり、今回は夏の日差しを避けるために同じ色の帽子をそろえたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]