新エボラ熱ワクチン「非常に効果的」、治験で確認 WHO

2015.08.01 Sat posted at 10:31 JST

[PR]

(CNN) 世界保健機関(WHO)は31日、新たに開発され臨床試験が行われていたエボラ出血熱ワクチンについて「非常に効果的」との評価を発表し、今後の感染拡大の予防につながる可能性があるとの認識を示した。

WHOによると、ワクチン「VSV―EBOV」の臨床試験は最近のエボラ出血熱流行で多くの死者が出ている西アフリカ3カ国の1つ、ギニアで3月から実施。有望な結果が出たことから今週、感染者と濃厚な接触をして発症の危険のある全ての人にワクチンの即時投与を拡大する決定がなされた。さらなる研究が必要とされるものの、これまでの臨床試験では100%の予防効果が出たとしている。

WHOのマーガレット・チャン事務局長は同ワクチンについて、「極めて有望な進展」と指摘。ギニア政府や当該地域に住む人々、プロジェクト提携者の功績だと称賛した。ただ、供給量を増やすには数週間~数カ月を要する見込みだという。

臨床試験は、感染者と濃厚な接触があった家族ら4000人以上を対象に行われ、参加者の半数は即座に、残りの半数は3週間後にワクチンの投与を受けた。その結果、リスクのある人全てに即座にワクチンを投与すべきとの結論に至ったという。試験の暫定結果は英医学誌ランセットで31日、発表された。

ワクチンの安全性に関する新たな証拠が得られたことから、今後は13~17歳の子どもを含めて試験が行われる。対象年齢を6歳まで引き下げる可能性もあるという。

ワクチンはカナダ公衆衛生機関が開発し、米製薬大手メルクとニューリンクにライセンスが付与された。

エボラ出血熱は昨年に流行して以来、ギニア、シエラレオネ、リベリアの3カ国で1万1000人以上の死者を出してきた。最近の新規感染件数はピーク時と比べれば少ないものの、根絶は依然として難しい状況だ。WHOは26日、7月第3週はギニアとシエラレオネで7人の感染が報告されたと発表。1週間の感染者数としては過去1年間で最少になったという。

メールマガジン

[PR]