椅子に100個の風船付けて空へ、男を逮捕 カナダ

宣伝のために風船で飛び立ったというが=Tom Warne

宣伝のために風船で飛び立ったというが=Tom Warne

(CNN) カナダのカルガリーでクリーニング店を経営する男が、100個あまりのヘリウム風船を結び付けた簡易椅子に乗って上空に飛び立ったが、パラシュートで地上に降り立ったところを警察に逮捕される騒ぎがあった。

逮捕されたのはダニエル・ボリア容疑者(26)。風船飛行は自身が経営するクリーニング店の宣伝が目的だったが、人命を脅かしたとしてパラシュートで降下したところを警察に逮捕された。

カルガリー警察によると、翌6日になっても風船と椅子は発見されていない。現時点で負傷者が出たという情報は入っていないものの、依然として懸念される状況だという。

ボリア容疑者によると、計画を思い立ったのは2カ月ほど前だった。最初は航空機かヘリコプターをチャーターして、ロデオイベント「カルガリー・スタンピード」の会場上空を飛行しようと考えたが、飛行が禁止されているという理由で実現しなかった。

そこで1万ドル(約123万円)以上を投じて簡易椅子1脚とヘリウム風船110個を購入。2時間がかりで風船を膨らませ、酸素ボンベとパラシュートを装着して飛び立った。「1分間で推定150~300メートルの高度に達した」という。

過去にも何度かスカイダイビングの経験があったというボリア容疑者。しかし悪天候に阻まれて目的地の上空を通り越し、パラシュートで線路上に降下した。

着地の衝撃で足などをいため、通りかかった車に乗せてもらって帰宅するはずだったが、そこへ警察官が到着。警察車両に乗せられて拘置所に連行される羽目になった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]