ギリシャ、駅で第2次大戦のビデオ上映 独に賠償求め圧力

2015.05.15 Fri posted at 11:18 JST

[PR]

ロンドン(CNNMoney) ギリシャ当局は15日までに、首都アテネの地下鉄の駅などで、第2次世界大戦時の国民の苦難を描いた50秒間のビデオ放映を開始した。 深刻な財政難に陥り、欧州連合(EU)諸国の金融支援に頼るギリシャ政府は、主要債権国のドイツなどとの関係が悪化している。

ビデオには餓死する人々や強制収容所に送られる子どもたち、破壊される村々が映し出され、最後に「ドイツはギリシャに借りがある」との言葉で締めくくられる。

ギリシャ国防省の報道官は放映について、「ギリシャ国民の歴史的記憶を救い出すことが焦点だ」「過去の傷をふさぐことを目的としている」と述べた。

ギリシャ政府は、第2次世界大戦中のナチス・ドイツ占領による被害に対するドイツの賠償額が2790億ユーロ(約38兆円)に達すると主張する。一方、ドイツは賠償問題は既に解決済みだとして要求を一蹴している。

ドイツは1960年に両国の合意に基づき、1億1500万マルクを支払った。それに加え、強制労働など戦時下のナチス政権の犠牲になった個人にも直接賠償を行っている。だがギリシャ政府は過去の支払いでは不十分だと強調する。

ギリシャ新政権はドイツなど債権国の「いじめ」に遭っていると述べ、債権国との関係は急速に悪化している。だが、今回の放映はドイツやドイツ国民への攻撃の意図はないという。

ビデオはアテネの地下鉄や郊外の鉄道駅で1カ月にわたり流される予定。アテネ以外の場所でも上映されるという。

メールマガジン

[PR]