キャサリン妃が第2子の女児を出産

2015.05.03 Sun posted at 10:29 JST

[PR]

ロンドン(CNN) 英王室のウィリアム王子の妻、キャサリン妃が2日朝、第2子となる女児を出産した。

ウィリアム王子一家のロンドン公邸、ケンジントン宮殿の発表によると、王女はロンドン市内のセントメアリー病院で午前8時34分に誕生した。体重は約3700グラム。母子ともに健康状態は良好だという。

ウィリアム王子は同日午後、報道陣に笑顔で手を振りながらいったん病院を出て、数分後にジョージ王子を連れ再び院内へ入った。ジョージ王子はまもなく帰宅。王女を抱いたキャサリン妃は午後6時すぎ、ウィリアム王子に付き添われて退院した。

病院の前には何日も前から市民らが集まっていた。出産の知らせを聞いて「自分に赤ちゃんが生まれたような気持ち」と喜ぶ女性もいた。エリザベス女王の公邸であるバッキンガム宮殿の前にも、王女の誕生を祝う人々が詰めかけた。

メールマガジン

[PR]