ロンドン宝飾街で貸金庫破り、被害推定360億円

ロンドンで宝石強盗、360億円被害か

ロンドン(CNN) 英ロンドン中心部の宝飾店街ハットンガーデンにある貸金庫業者の金庫が破られ、大量の現金や宝石類が盗まれているのが見つかった。警察が8日に明らかにした。

被害に遭ったのはハットンガーデン・セーフデポジット社の貸金庫。警察によると、3日からの4連休を利用して何者かが貸金庫に侵入し、2日がかりで60~70の金庫を破って宝石や現金を盗み出した。

警察は被害総額を明らかにしていない。しかしメディア各社は推定2億ポンド(約360億円)の被害が出たと伝えた。貸金庫利用者の多くは宝石商だったという。現場の貸金庫には8日、利用者が頻繁に出入りする姿が見られた。

事件はイースター(復活祭)の連休中に発生し、警察に通報があったのは連休明けの7日だった。英紙テレグラフは、3日夜に警報が鳴ったにもかかわらず、正面入り口も裏口も施錠されているように見えたことから何も対応しなかったと伝えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]