リー・クアンユー氏死去、91歳 シンガポール建国の父

シンガポールのリー・クアンユー元首相が死去

(CNN) シンガポールの首相を30年以上にわたって務め、同国建国の父と呼ばれたリー・クアンユー元首相が23日未明に死去した。91歳だった。

首相府が声明を発表した。同国の首相は現在、リー氏の長男、シェンロン氏が務めている。

リー氏は重い肺炎で2月5日から入院し、6週間以上にわたって人工呼吸器をつけていた。

同氏は1923年生まれ。シンガポールが英連邦の自治州となった59年から首相を務め、65年にマレーシアから独立したシンガポール共和国の初代首相に就任。天然資源のない小国を清潔で安定した国際経済の中心地に育て上げ、「シンガポール建国の父」としてたたえられた。

90年に首相の座を退いたものの、その後もシェンロン氏が首相に就任する2011年まで閣内にとどまるなど、大きな影響力を維持した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]