100歳まで生きたかった金日成氏、若者から輸血も 専属医が証言

100歳まで生きたかった金日成氏、専属医にインタビュー

(CNN) 北朝鮮の故・金日成(キムイルソン)主席の専属医だったという女性が、金主席は100歳まで生きたいと願い、若さを保つために若者の血を輸血させるなどの療法を受けていたと証言した。

キムソヨンさんは金主席の長寿願望をかなえるために設立された「長寿センター」で研究チームを率いていたといい、1992年に脱北して韓国に渡った。

金主席は82歳で死去した。長寿の願いはかなわなかったが、同国の平均余命の64歳を大幅に上回った。

キムさんによると、研究チームが提案した長寿療法の中で金主席が特に好んだのが、20代の市民の血液を輸血させる療法だった。選ばれた市民は特別に栄養価の高い食事を食べた後に献血したという。

また、幼い子どもたちの姿を見て笑う療法も金主席に気に入られた。同センターは、幸せでいることが健康につながると判断して「笑い」を処方。金主席の写真は笑顔で写ったものが多かった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]