スペインでエボラ熱が感染 アフリカ外で初

スペインでエボラ熱感染 アフリカ外で初

(CNN) スペインのマト保健相は6日、同国の病院でエボラ出血熱の患者を担当した看護助手の女性が、エボラ熱に感染していたことを明らかにした。アフリカ以外で感染したのが確認されたのはこれが初めてとされる。

女性は、西アフリカでエボラ熱に感染して帰国後に死亡したスペイン人宣教師ら2人の治療にかかわっていた。保健当局者らによると、女性は9月30日に発症。症状は発熱だけで、入院したのは今週に入ってからだという。

マト保健相は「患者に最良のケアを提供し、市民全員の安全を確保するべく関係機関と協力している」と述べた。

女性が発症後に接触した可能性のある相手について調査を進めているが、現時点でほかに患者は見つかっていないという。

スペインへ帰国した患者2人の治療には、この女性のほか30人前後の医療スタッフがかかわっていた。

また、米国ではリベリア人男性が入国後に発症、重体に陥っていることを受け、エボラ熱流行への不安が広がっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]