香港中心部でデモ続く 負傷者41人、逮捕者78人に

香港デモ、催涙弾の使用も

香港(CNN) 警察との衝突で負傷者を出した香港の民主化要求デモは、29日も参加者の多くが金融街に残って座り込みを続けている。香港当局が28日に明らかにしたところでは、少なくとも41人が負傷して病院に運ばれた。

デモを呼びかけた学生団体の1つは警察によるゴム弾使用を警戒し、28日夜に解散を促した。しかし参加者の多くはその場を離れず、金融街占拠の抗議運動を続ける構えだ。

香港では行政長官を選ぶ選挙で中国政府が公認の候補者しか立候補を認めない方針を決めたことに抗議して、学生などが1週間前から抗議運動を展開していた。

デモ指導者の1人は拡声器で「我々の要求は変わらない。これは平和的な不服従の抗議活動だ」とデモを続ける参加者を激励した。

一方、別の指導者は「家に帰れ、命を無駄にするな」と呼びかけている。

警官隊は行政庁舎前に集まったデモ参加者に対し、警棒や催涙ガスを使ってきた。29日未明にも催涙ガスが使われたとの情報もある。当局は、警察官6人が負傷したと発表したが、病院に運ばれた41人の中に警察官が含まれるのかどうかは不明。

デモ隊は催涙弾をしのぐためにゴーグルやマスクや傘で装備。29日朝までに幹線道路をふさいでいたバリケードを撤去し、高級ショッピングモールのパシフィックプレースも占拠したと発表した。

警察は、これまでに16~58歳の78人を逮捕したとしている。

香港政府トップの梁振英行政長官は28日午後に記者会見し、政府庁舎前の「不当な占拠には決然と対峙する」と言明。「警察は法に従って適切な対応を取る」と強調した。さらに、香港住民に向けたビデオ声明でもデモを解散するよう呼びかけた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]