子グマ処分して剥製に、「自然は残酷」 スイスの動物園

スイスの動物園が殺処分した子グマを剥製にして展示すると発表

スイスの動物園が殺処分した子グマを剥製にして展示すると発表

(CNN) スイス・ベルン州の動物園が、親グマに育児放棄されたため殺処分した子グマを剥製(はくせい)にして展示すると発表し、物議をかもしている。

動物園の動物の扱いを巡っては、デンマークでもキリン1頭とライオン4頭が相次いで処分され、批判が殺到していた。

スイスの動物園で処分された子グマは、母グマの「マーシャ」と父グマの「ミーシャ」の間に生まれた。しかし一緒に生まれた兄弟グマがミーシャにかみ殺され、この子グマも殺される恐れがあったという。

動物園は当初、クマたちの自然な行動には干渉しない方針だった。しかしこの子グマはマーシャにも育児放棄され、ミーシャに襲われるようになったことから、動物園は4月、殺処分した方が子グマのためになると判断したという。

さらに今週になって、凍結保存していた子グマの死骸を解凍し、剥製にするため専門家に引き渡したと発表した。理由については「自然は残酷でもある」という現実を子どもたちに学んでもらうためと説明している。

これに対し、子グマは人工飼育で育てるべきだったと批判する声が上がっている。同動物園の親グマも人工飼育だったという。

地元紙は4月の時点で、子グマの殺処分に対する意見が殺到したと伝えていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]