マレーシア機乗客の家族が抗議デモ インド洋で捜索再開

マレーシア機乗客の家族が抗議

(CNN) 消息を絶ったマレーシア航空機の乗客の家族らは25日、マレーシア政府などの対応に抗議し、北京市内でデモを実施した。機体の捜索は26日、インド洋南部で再開された。

不明機を巡っては、マレーシア当局が24日、英民間企業インマルサットが観測したデータの解析に基づき、インド洋南部に墜落したとの結論に至ったと発表。同国のヒシャムディン運輸相代行は「情報公開と家族への敬意という2つの原則に沿って発表に踏み切った」と強調した。

これに対して乗客の家族らは「墜落したという証拠がなく、データ分析だけでは納得できない」「マレーシア当局はうそをついている」などと反発。数百人のデモ隊が北京のマレーシア大使館に向けて行進した。

大使館の入り口近くでは、私服の警官がデモ隊に近づこうとする報道陣を阻止した。参加していた女性が強いストレスで倒れ、救急車で運ばれる場面もあった。

インマルサットの衛星データによると、同機から約1時間ごとに発信されていた信号は8日午前8時11分ごろを最後に途絶えた。データを詳しく解析した結果、この時点で機体はインド洋南部上空を南へ向かっていたことが確認されたという。

約1時間後の同9時15分には通信が成立しなかったことから、同機は8時11分から9時15分の間に墜落したと断定された。本来の目的地だった北京への到着予定時刻を数時間過ぎていて、飛行可能距離の計算とも一致するという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]