中国で鳥インフル拡大、今月19人死亡

中国でH7N9型鳥インフルエンザの感染が広がっている

中国でH7N9型鳥インフルエンザの感染が広がっている

香港(CNN) 今週末に春節(旧正月)を迎える中国で、H7N9型鳥インフルエンザの感染が広がっている。中国疾病管理当局によると今月だけで96人が感染、19人が死亡した。

H7N9型ウイルスの人への感染は昨年2月に上海で初めて報告され、3月には今月と同様のペースで患者が急増。5月以降いったん収まったものの、年末からまた続発している。香港の保健当局によると、昨年からの感染者は中国全土で計246人に上った。世界保健機関(WHO)によれば、これまでに計56人が死亡した。

患者は台湾や香港でも確認されている。香港では28日、中国本土から運び込まれた生きたニワトリからH7型ウイルスが検出されたとして、2万羽の殺処分が始まった。

WHOによると、患者の大半は生きた家禽(かきん)との接触で感染したとみられる。中国では春節にニワトリが盛んに売買され、中には生きたニワトリを持って帰省する人もいることから、感染拡大が懸念される。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]