南スーダンの死者500人、政府は「秩序回復」と発表

戦闘での死傷者数は1300人に上るという=UNMISS/Rolla Hinedi提供

戦闘での死傷者数は1300人に上るという=UNMISS/Rolla Hinedi提供

同国情報相によると、今回の戦闘では森林からも遺体が見つかっているほか、病院に搬送された負傷も多数が死亡しているという。

国連の潘基文(パンギムン)事務総長は17日の時点で、「暴力がほかの州に広がる恐れもあり、既にその兆候は見えている」と指摘していた。

国連によると、ジュバ北部の町ボルでも南スーダン赤十字が民間人19人の死亡を確認した。国連のキャンプには約800人が保護を求めて集まっているという。

米国務省は南スーダンにいる米国人に対して直ちに出国するよう勧告し、不要不急の米政府職員にも出国を指示した。18日にジュバを発つ避難便は既に満員だという。

英外務省も大使館員などの一部を一時的に退避させると発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]